エージェント・オブ・シールド シーズン3

エージェント・オブ・シールド シーズン3を見終わった。
シーズン3はヒドラの残党との対決、インヒューマンズ対策、モノリスに飲み込まれたシモンズの救出などの問題を解決する事から始まる。

シモンズを救出し、メイも復帰。シモンズは謎の惑星に囚われていた。そこで出会ったウィルをフィッツとシモンズは救出しようと動き出す。そしてヒドラも謎の惑星への扉を開けようとしていた。ヒドラに捕らえられたフィッツはウォードと共に謎の惑星へ。コールソンもそれを追いかける。ウィルはヒドラの神に寄生されていた。フィッツはやむなくウィルを殺害する。コールソンはウォードを殺し、フィッツとコールソンは地球に帰還する。ヒドラの神はウォードの身体に寄生し、地球に現れる。ヒドラの神はハイヴと名乗り、ヒドラの指導者となる。ハンターとモースはシールドを守るためにシールドを去る。ヒドラとの闘いの最中デイジーはハイヴに洗脳されていた。デイジーはシールドの基地を破壊するが、アンドリューによって洗脳を解かれる。ハイヴはインヒューマンズに感染させる菌を大気中にばらまく計画を立てる。仲間に危害を加えた事を悔やんでいたデイジーが単独で阻止しようとするが。

と、盛りだくさんな内容の今シリーズ。一応ハイヴも倒し、今後はシールドはどこへ向かうのだろうか?デイジーがハイヴの仲間になろうとしたのは本心なのか?

エージェント・オブ・シールド シーズン3” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す