予知夢

東野圭吾の「予知夢」を読了。
探偵ガリレオシリーズの第2弾。夢想る(ゆめみる)、霊視る(みえる)、騒霊ぐ(さわぐ)、絞殺る(しめる)、予知る(しる)の5編が収録されている。
テレビのガリレオをかつて観ていたので、湯川学の顔が福山雅治に、草薙俊平の顔が北村一輝に思えてしまうのは仕方のないところか。解説によると湯川は佐野史郎をイメージして書かれたという事だが、今更そう言われても困るというものだ。

「夢想る」と「霊視る」は、あまり物理学が関係していないような解決で、「騒霊ぐ」も物理学的なトリックを犯人が使用するわけではないので、方向性が変わったのかと思わせる。残りの2編は物理学を犯罪に応用していて少し安心する。

閑話休題
小説の映像化は数多く行われているが、このくらいの短編を1時間ドラマに纏めるのが、ちょうどいい間尺ではないだろうか?ふと、そう思った。

予知夢” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す