三度目の殺人

映画「三度目の殺人」

三度目の殺人を劇場観賞。
監督・脚本:是枝裕和、出演:福山雅治、役所広司、広瀬すず、斉藤由貴、吉田剛太郎、満島真之介

映画「三度目の殺人」のあらすじ

弁護士の重盛は、同期の弁護士摂津に依頼され、三隅の弁護を引き受ける。三隅は解雇された工場の社長・山中を殺し、強盗殺人の罪で起訴されている。三隅は30年前にも殺人を犯しており、死刑が確実だと思われる。三隅は殺人は認めていたが、動機などで供述が二転三転していた。重盛は三隅の周辺を調べるうち、山中の娘・咲江と三隅の関係に気付く。真実よりも法廷での勝利に重点を置いていた重盛だが、この事件の真実を知りたいと思うようになっていく。

映画「三度目の殺人」の感想(ネタバレあり)

ネタバレありとは書いているが、この映画では真実がどうだったかは明らかにされていない。三隅がどんな動機で殺人を犯したのか、若しくは実際には罪を犯していないのか、曖昧なまま終わる。法廷では真実は明らかにならないと言うことを、この映画そのものが示している。裁判そのものは結審し、死刑判決が言い渡されるが、観客にはもやもやしたものが残る。監督へのインタビューなどを見ると、観客のもやもやこそがこの映画の目的であり、それは見事に成功している。
三度目の殺人と言うタイトルなので、三隅の今回の殺人が三度目だと思い込んで映画を見終わったが、よく考えてみれば今回は二度目である。では、三度目とは何か?死刑のことを指しているのか?それとも他の何かの比喩なのか?これも謎だ。
三隅は法廷では本当のことは明らかにならないと咲江に言っている。しかし、咲江は法廷で本当のことを言おうとしている。ところが三隅が供述を変えたために咲江は本当のことを言えなくなってしまう。もし重盛が咲江の証言のことを前もって三隅に伝えなかったらどうなっていただろう。咲江の証言によって三隅は情状酌量されたかもしれない。しかし、それは殺人を認めることにもなる。
三隅が本当に殺人を犯していないのなら、死刑判決は冤罪である。裁判の例でよく聞く言葉が、あくまで罪を認めず「反省の色が見えない」というセリフだ。実際に罪を犯していないのなら、反省も何もない。無罪を主張するはずだ。ところが、有罪と認定されてしまうと、その態度が裏目に出てより重い罪となる。たとえ冤罪でもだ。反省しているかどうかを重視する裁判制度の限界だろう。そのためにこの映画中でもよく出てきた法廷戦術が重視されるのだろう。
公判前の判事、検事、弁護士の打ち合わせ。ここで、裁判の行方がほぼ決まってしまう。言ってみれば出来レースだ。国会でもあらかじめ提出された質問しか出来ないことがあるようだ。司法でも政治でも国民の前でもっと喧々諤々と議論すれば良いと思う。
この映画では重盛が控訴したかどうかまでは描かれていない。もし控訴するのなら無罪の主張が本気だったと言うことであり、控訴しないのなら無罪の主張は咲江を守るためのブラフだったと言えると思うのだがどうだろうか?

海街ダイアリーのオマージュ?

重盛、三隅、咲江が三人で雪の上に大の字になるシーンがある。どこかで見た事があるなぁと思ったら「海街Diary」のコミックで紅葉の上に寝っ転がる場面があった。オマージュなのか?

三度目の殺人” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す