シシグ

シシグ(フィリピン料理)

マニラの食堂のシシグ

マニラの食堂のシシグ

旅先では現地の人のお奨めの料理を食べることにしている。新しい出会いがあるかもしれないし、郷に入れば郷に従えと言うことわざもあるからだ。
マニラに行った時に、勧められて食べたのがシシグ。
細かく切った豚肉や野菜をにんにくや醤油を絡めて炒めたものだ。見た目は醤油色だが、意外と色々と調味料が入っていて、レモン汁、オイスターソース、酢、マヨネーズ、砂糖などが使われている。
豚肉もロースやバラと言った部位だけでなく、ハツやレバー、耳の肉などが使われているらしい。使う肉によって歯ごたえに差が出る。
このマニラで食べたシシグがとても美味しかった。それ以来、メニューにシシグがあると注文するのだが、日本の某所で食べた時は残念な味であった。誰でも美味しく作れるわけではないらしい。

セブのホテルの食堂のシシグ

セブのホテルの食堂のシシグ

セブのお祭りシノログの写真を撮るために、繁華街近くの小さなホテルに泊まった。写真を撮るには便利な場所だが、部屋が狭いホテルだった。そこの1階にレストランがあった。いや、レストランというより小さな喫茶室と言った方が適当かも知れない。テーブルが5〜6卓しかない小さな店だ。
そこで夕飯としてシシグを頼んだ。これが予想に反してとても美味しかった。フィリピン料理というと大味なイメージがあるが、このシシグは絶妙な味付けだった。キッチンを見ると若い兄ちゃんが二人しかいない。思わずテーブルに呼んでチップを渡そうかとも思ったが、そこはシャイな日本人、そんなことは出来ませんでした。
現状ではこのセブのシシグがチャンピオンだ。

シシグの作り方 Sisig Recipe

Pork Sisig – Panlasang Pinoy

Pork Sisig is a popular appetizer that originated from the culinary capital of the Philippines : Pampanga. This delicious dish can also be categorized as a main dish. Pork Sisig was invented by the late Lucia Cunanan. She is popularly know as Aling Lucing – the sisig queen.

コメントを残す