Adobe Museでweb制作

かれこれ20年以上もMacを使っている。そしてAdobe製品で様々なものを作ってきた。主に印刷物だ。
いわゆるホームページの作成もした。が、いわゆるHTMLを一から書く事はできないので気軽に使えるGoLiveというソフトを使っていた。(それ以前にも何か違うソフトを使っていた気がするが忘却の彼方。)
ところがAdobeがDreamweaverを買収し、GoLiveが消滅してしまった。しかたなくDreamweaverを使う事にしたのだが、これがなんとも使いにくい。難しすぎるのだ。GoLiveと思想が違いすぎる。とあるイベントのwebページの修正をしなければならなかったので、参考書を首っ引きで何とか仕上げたが、二度と使う気にはなれなかった。
幸か不幸か、その後しばらくweb制作から離れていた。
今回、ずっと放置していたwebページをリニューアルしようと思い立った。更に自分のドメインでブログを立ち上げる事にしたのだ。そこでどうすれば楽にできるかを考えた。Dreamweaverを全面的に使う気にはなれない。(その後、使用していないのでもしかしたら操作性が良くなっているのかもしれないが。)で、Adobe Museを使う事にした。Adobeの提供するスタディビデオを10分ほど見ただけで簡単に操作する事ができた。といっても写真を貼り簡単なリンクを張っただけのページであるが。まだMuseでどんなことができるのかはわからない。逆にちょっと難しい事(HTMLをいじったりとか)をやろうとすると不便そうではある。GoLive
が復活しないかななどと思いつつ、Museの第一歩を踏み出したわけである。

コメントを残す