LION’S GATE PROJECT9

新日本プロレスのLION’S GATE PROJECT9 17.11.16 新宿FACE大会をNJPWWORLDで視聴。

第1試合は山本小鉄メモリアル 第11回ヤングライオン杯争奪リーグ戦、岡倫之対成田蓮。

体格的には岡が断然有利かと思ったが、成田が攻める、攻める。考えてみれば、川人以外は全員今年デビュー。そんなに実力差があるわけではない。最終的には岡が勝ったが、今後の闘いが楽しみな一戦だった。

第2試合は山本小鉄メモリアル 第11回ヤングライオン杯争奪リーグ戦、北村克哉対海野翔太。

体格、年齢的にも北村有利の試合。と思ったが、海野の身体がでかくなっていた。一番湧いたのが、海野が海野レフェリーを突き飛ばしたシーン。海野も健闘したが、年齢的に崖っぷちの北村が勝利。

第3試合は山本小鉄メモリアル 第11回ヤングライオン杯争奪リーグ戦、川人拓来対八木哲大。

他のメンバーより一年先輩の川人としては、勝たなければいけない試合。川人はジュニアタッグ出場以来、新しい技を解禁してきている。この日は回転延髄斬りで勝利。川人はキックを多用するが、その下地のビデオを発見。

組み技は弱いが、キックはこの頃から自信があったようだ。

第4試合は、中西学、天山広吉対ダイナソー拓真、吉野コータロー。

恐竜対決。試合後に中西と吉野、天山とダイナソーの共闘が決まったようだ。

第5試合は、田口隆祐対GO浅川。

浅川は田口を研究してきた模様。しかし、勝つまではいかず。

第6試合は、小島聡、永田裕志対兼平大介、青柳優馬。

兼平はプロレスリングHEAT UP所属の選手らしい。青柳と組んでいたので全日本所属かと思っていた。どうりで最後の乱闘の時に蚊帳の外感があったわけだ。まだまだ永田に突っかかる選手がいる。G1 CLIMAXは卒業だけど永田はまだまだ輝いている。

明日からはWORLD TAG LEAGUE 2017。

愛知県体育館で観戦予定。

コメントを残す