Adobe Museで作ったwebサイトにWordPressを組み入れる。

Adobe MuseとWordPressの連携。

WordPressはブログだけでなく固定ページの作成も出来るので、単体でそれなりのwebサイトを作ることが出来る。
が、Adobe Museをせっかく持っているので、基本はMuseで作り、そこにWordPressで作ったブログを組み込めないかと考えた。
最初は、やり方がわからず、rssで出力されたものを表示させたページを作り、そこからリンクさせていたが、もっと簡単な方法があったので作り直すことにした。

Adobe MuseにWordPressへのリンクメニューを作る。

Adobe Museのプラン画面

Adobe Museのプラン画面

Museのプランタブを開き、webサイトのサイトマップを作成していく。通常は新しいページを作り、デザインモードで作っていく。そうするとメニューが自動的に作成され、それを使ってページ間を移動する。このメニューからWordPressに直接飛べないかと模索していたのだが、とうとう発見した。

Museのメニュー

Museのメニュー

プラン画面で、各ページにカーソルを合わせると+マークが表示される。右の+をクリックすると、新しいページが出来る。

Museのプラン画面で新たなページを作る

Museのプラン画面で新たなページを作る

そのできた新しいページをcontrolキーを押しながらクリックする。メニューオプションに移動し、「ハイパーリンクなしでページを含める」をクリックする。

ハイパーリンクなしでページを含める

ハイパーリンクなしでページを含める

再びcontrolキーを押しながらクリックし、ページプロパティを開く。ページ名がメニューに反映されるので「ブログ」とする。

ページプロパティの変更

ページプロパティの変更

メニューにリンクを付けるためにマスターページを開く。メニューの「ブログ」をクリックして選択する。上のハイパーリンクと表示されている横にリンクを記入する欄があるのでWordPressが設置されているアドレスを記入する。

アドレスを記入

アドレスを記入

保存し公開する。Museで作ったページのメニュー「ブログ」をクリックすればWordPressに直接飛ぶことが出来るようになった。

WordPressのメニューを変更して、Museで作ったサイトにリンクさせる。

これでMuseで作ったページからWordPressへ飛ぶことが出来るようになったが、元のページに戻れなくては困るのでWordPressのメニューページにも変更を加える。
WordPressの管理画面で「外観」→「メニュー」と進む。いままではホームがWordPressのホームに設定されていたのでwebサイトのトップページのアドレスに書き換える。そして新たにブログトップというメニューを作り、ブログのホームのアドレスにリンクさせる。

これでMuseで作ったサイトと、WordPressのブログとがシームレスに繋がった。

めでたし、めでたし。

コメントを残す